写真から位置情報が漏えい

写真情報のExif

写真は、通常は撮影対象物のみを表示し、絵として使うことが可能です。
これはアナログ写真であればこの通りですが、デジタル写真が登場し、写真にいくつもの情報を残すことが出来るようになりました。
この情報の形式をExifと呼び、ここには、使用したカメラ、撮影日時、画像編集に使用したソフトなどの情報があります。
Exifは、デジカメまたはスマホカメラで撮影した場合に記録されます。

このExif情報は、なにかソフトを使わずとも、ウィンドウズならば、画像の詳細を表示するだけで見られます。
特にポイントとなるのは、記録されている中でも、住所なります。
どの場所で撮影したかわかるので、写真に特定できる情報がない場合でも、この情報を見れば簡単にわかります。

このようなことがあるので、インターネットに写真を公開すると、Exif情報によって、撮影場所を知られる危険があります。
旅行などの写真ならまだしも、社内や家の中で撮影した写真だと、たとえ周辺の建物が写っていなく、写真を見ただけでは場所が分からなくても、Exifによって場所を知られます。
さらには、何時何分に撮影した写真であるなどと、より詳しい情報までわかってしまうのです。

最近のインターネットサービス、SNSなどは、画像をアップした場合には、自動的に情報は削除される仕組みが多いです。
しかし、付属的な画像アップロードサービスや、すべてのSNSがExif情報を削除するとも限らず、大丈夫だろうと安心しておくのは大変危険です。
もしも写真をアップロードするなら、最初にExif情報を削除するか、記録されないようにすべきです。
特にスマホの中にある写真だと、そのまま取り出せば、すぐ情報を見られます。

情報削除

デジカメやスマホは、撮影すると自動的にExifが記録されます。
位置情報は、そのカメラのGPSを使って記録するので、最初からその機能のあるスマホカメラ、そして同じGPSのあるデジカメは、撮影すると自動的に位置情報が付帯します。
そのために、まずは撮影前にGPS機能をオフにしておきましょう。
GPSで位置が取得できなければ、Exifにも記録されません。

すでに記録されたExif情報は、ウィンドウズを使えば、特別なソフトを使わずとも、削除できます。
写真ファイルの詳細を表示し、個人情報を削除するだけで、Exifは削除完了です。
またソフトウェアを使うと、削除も出来るので、削除ソフトを使う方法もあります。
一度Exifを削除したならば、詳細を見て、完全に削除できたか確認しましょう。
Exifは写真に付属する情報となっており、言い換えれば商品の値段タグのようなものです。
そんために、一度削除すれば復元不可能なので、位置を特定される心配がありません。