sony_pc

ソニー子会社へのサイバー攻撃事件

ハッキングされてしまった

ソニー子会社へのサイバー攻撃事件は大きな話題となりました。
アメリカのソニー・ピクチャーズエンタテイメントで
電子メールが使えないことが分かりました。

その次の日には、会社の幹部たちは電話を使ってハッキングに関する情報を伝え合いました。

感謝祭の週になるとコンピューターがダウンしてしまい、
従業員は携帯電話やノートパッドなどで対応しなければいけなくなりました。
古い機械を引っ張りだしたり、手作業で仕事をすることになったのです。

明らかにハッキングされたことが分かり、
ハッカーはデータを盗んだのではなく、
データを消去してしまい、
これによってシステム全体に影響が生じたと予想しました。

すぐに復旧できるようなトラブルではないことが理解されるまでには1日か1日半かかったそうです。

それからの数週間で、人類史上まれにみるような悪質で大規模なサイバー攻撃を受けたことが分かりました。
さまざまな情報が流出してしまい、
それによって北朝鮮との緊張関係が高まってしまったり、色々な騒動が起きてしまいました。

流出したものとしてはソニーが作成した映画作品が5本、
内部文書、元従業員やフリーランスの個人情報などです。

北朝鮮からの攻撃の可能性も示唆されています。
ソニーが作成したザ・インタビューという映画に対して北朝鮮側が怒りを感じていることは事実だからです。

ソニーは過去にもハッカー攻撃を受けたことがあるため、
セキュリティーに対して疑問視されています。

企業自体のイメージを悪化させることにつながっているのです。

ソニー子会社へのサイバー攻撃事件の教訓

今回のソニー子会社へのサイバー攻撃事件において、
民間企業は知っておくべきことがあります。

それは、ひょっとしたら国家間の争いに巻き込まれる可能性があることです。
今回の企業に北朝鮮が関与しているかどうかはっきりしたことは分かっていません。

しかし、仮に北朝鮮が関わっているとすれば、
ソニー子会社は民間企業であり、それが国家間の争いに巻き込まれる形となりました。

今回の事件では中国経由による攻撃だった可能性も考えられています。
つまり、北朝鮮と米国だけではなく、さらには中国まで関わっている可能性があるのです。

ソニーは日本に本社があるのですが、
今回の事件についての具体的な情報はあまり出てきていません。

これからどのような対応や対策を取るのかが見えてこないのです。
ソニーは会社としての信頼を取り戻すためにもきちんとした対策を立てることが必要となるでしょう。

攻撃を完全に防ぐことは不可能ですが、過去の事件からの教訓を得て、
どのようにシステムを運用していくべきかを見直す必要があるでしょう。

そうすることがソニーが会社として信頼を取り戻すことにつながるのです。