ロジックボム

潜伏型のタイプ

ロジックボムはマルウェアの一種であり、色々な条件が満たされた時に動作が開始します。
たとえば、指定された時間に作動して、コンピュータ内のすべてのデータを消去するといったプログラムがあります。
このようなロジックボムは条件が満たされるまでは何も動作せず潜伏したままとなっているため、気がつかないことが多いです。

ロジックボムによって、コンピュータは操作不能になってしまったり、甚大な被害が生じてしまう可能性があります。
そのため、サイバー攻撃の際にロジックボムが利用されることが多いです。
データを盗用してから破壊活動をするタイプのロジックボムもあります。

ロジックボムは自己増殖したり、感染拡大を図ろうとはしないと考えられていました。
しかし、最近ではこのようなウイルス的な特徴を持っているロジックボムも登場しています。
チェルノブイリというロジックボムは有名であり、チェルノブイリの事故が起きた4月26日に発動して大きな被害が発生しました。

過去にはサイバーテロ事件の際にロジックボムが使われたケースがいくつも存在しています。
そのため、特に機密情報を扱っているような企業や機関においてはロジックボムは驚異的な存在と認識されています。
きちんと対策を取っておかないと被害はかなり大きなものになります。

ロジックボムの感染経路とその恐ろしさ

ロジックボムは普通のウイルスやマルウェアなどと同じような感染経路をたどります。
たとえば、ネットワーク経由でロジックボムが仕込まれてしまうことがあります。
フリーソフトや市販ソフトなどと一緒にロジックボムがインストールされてしまうケースもあります。

何らかのウイルスに感染してしまった時に、ロジックボムも同時に仕込まれることもあります。
このようにさまざまな感染経路が存在しているため、きちんと対策を取らないと危険です。
ロジックボムを利用して敵国のシステムを破壊したり、暴走させることも可能です。

ロジックボムの存在によって、たとえ大きな軍事力を持っている国であっても、その機能を発揮させないように混乱を引き起こすことが可能となるのです。
現代ではすべての軍事システムやインフラシステムなどがコンピュータによって管理されています。
ロジックボムはそれらの機能を麻痺させることができるのです。

まるでSF映画のような話しですが、それが現実のものとなっています。
企業や官公庁にとってはロジックボムの存在は無視できないものとなっているのです。
その危険性の高さを考えれば、きちんと対策を取ることは当然のことでしょう。

サイバー戦争は現実に起きる可能性があり、特に他国の製品やシステムを多く利用している国は危険性が高いといえるでしょう。
知らないうちにロジックボムが仕掛けられている可能性が高いからです。