コンセプトウィルス

対処は簡単

コンセプトウィルスとは技術検証のために作られたウイルスのことです。
本来、ウイルスというのは感染することによって何らかの悪さを働くものですが、コンセプトウイルスの場合はたとえ感染したとしても何も起きません。
それではコンセプトウィルスにはどのような意味があるのでしょうか。

たとえば、セキュリティホールが見つかった時には、本当にウイルスが侵入できるのかを確かめるためにコンセプトウィルスが使われます。
このようにコンセプトウィルスそのものには害はないのですが、これが感染できるということは、コンピュータのどこかに穴があることを意味しています。
また、コンセプトウィルスが登場すると、それを利用して新たなウイルスが出てくることが多いです。

コンセプトウィルスに使われている技術を応用しているのです。
ただし、この場合はコンセプトウィルスの詳細が分かっているため対処は比較的簡単に行えます。
注意点として、コンセプトウィルスだと油断してしまい、本物のウイルス感染をしてしまうケースです。

コンセプトウィルスとほとんど同じ特徴を持ったウイルスが作られてしまうと、それとコンセプトウィルスの見分けがつかなくなるため、被害にあってしまうことがあります。
この場合は、ウイルスの被害が生じてから初めてそれが本物のウイルスであったことが分かるのです。

コンセプトウィルスへの対策

コンセプトウィルスへの対策も通常のウイルス対策と方法は同じです。
ウイルスが外部から感染しないようにさまざまな対策を取ればいいのです。
怪しいサイトには近づかないようにして、送られてきたメールも不用意に開かないことが重要です。

ウイルス対策ソフトは頻繁にアップデートしておいて、最新の状態を保ちましょう。
ウイルス対策ソフトは既知のコンセプトウィルスに対してきちんと反応します。
新しいコンセプトウィルスが出たとしても、更新することによって対処できるようになります。

アップデートは面倒だからしていないという方が多いのですが、それは危険なためやめておくべきでしょう。
常に最新の状態を保つことが最も有効なセキュリティ対策といえます。
最新情報を集めるようにして、現在どのようなウイルスが問題視されているのかを知りましょう。

ウイルスへの対策というのは毎日進められています。
新しいウイルスが登場したとしても、送球に対策を進めていき、きちんとした防御手段が生まれます。
せっかく有効な対策が存在するのにそれを利用しないのは危険です。

ウイルスに関する正しい知識を身につけて、対処しましょう。
コンセプトウィルスに関しては一般の方の中には知らない方も多いため、これを機会にして、正しい理解をしてください。
このようにコンセプトウィルスを利用した被害も昔から多数存在します。