ボット

悪質なものに注意

ボットというのは決められた作業を自動で行うように設計されたプログラムのことです。
たとえば、ツイッター上で色々なつぶやきを自動的に行っているボットは有名でしょう。
検索エンジンのクローラやチャットで自動会話をするボットなどもあります。

このように本来のボットというのは悪さをするわけではありません。
しかし、中には悪質なボットが存在しています。
ウイルス性のあるボットの中にはパソコンやスマートフォンを遠隔操作するタイプがあるのです。

これによって、たとえば犯罪予告をさせたり、その他にも悪質なボットにより犯罪に加担させる行為をします。
ボットはマルウェアの一種であり、とても危険なものです。
感染したコンピュータは犯罪者が好きなように操れるようになります。

これによって、本人が知らないうちに犯罪に関わってしまうケースがあるのです。
ボットによって侵入されたパソコンはゾンビパソコンやゾンビマシンなどと呼ばれます。
これらのパソコンが集まったネットワークはボットネットといい、さまざまな指令を受けて操られてしまうのです。

ゾンビパソコンは一斉に指示通りに動き出すことができるため、これによって犯罪者は兄弟な力を得ることができます。
ボットネットの規模は数十万台から時には100万台を超えることもあります。
たくさんのコンピュータを利用してスパムメールの大量送信をしたり、DDos攻撃に利用するケースもあります。
金融詐欺や広告詐欺、マルウェアの送信などに利用されることもあるため危険です。

ボットの感染経路

メールに含まれているリンクにアクセスしてしまいそれによってボットに感染することがあります。
スマートフォンの場合は、ショートメッセージに含まれているリンクをクリックしたことにより感染したというケースがあります。
ボットが仕込まれているアプリをダウンロードしてしまい、感染するのです。

非公式のアプリをダウンロードするとボットに感染する可能性は高いです。
基本的には公式のアプリマーケットからダウンロードやインストールを行うべきでしょう。

ファイルをダウンロードしてそこから感染することは多いです。
また、ウェブサイトが知らないうちにマルウェアに感染しており、そこにアクセスして感染することもあります。
ウェブサイトにボットを埋め込んで、感染を広げようとしている犯罪者は多いです。

P2Pネットワーク上にあるファイルをダウンロードして、そこから感染するケースもあります。
このようにしてボットに感染してしまうとさまざまな被害を受けてしまう可能性があります。
セキュリティソフトは絶対に導入しましょう。

そして、きちんとスキャンを行うことによって、仮にボットに感染していたとしても発見できます。
感染のリスクを下げるための行動を取ることも大切です。