iphoneとAndroidはどっちが安全?

スマホのウイルス感染が激増している

スマホがウイルスに感染してしまう人がとても増えています。
何らかのアプリをインストールすることでウイルスに感染し、
スマホに格納している個人情報を抜きとられてしまったり、
スマホをロックして人質とし、身代金代わりの金銭を要求したりとその手口は実に悪質です。

以前パソコンでもウイルスが蔓延してしまい、多くのユーザーに被害をもたらしていましたが、
今はパソコンよりもスマホを利用している人が増えたので、
ターゲットがパソコンからスマホに移行しているのかもしれません。

パソコンのOSにはWindowsやMacOS、UNIXなどがありますが、
多くのユーザーが利用しているのはWindowsかMacOS、
その中でもWindowsユーザーが大半を占めます。

ウイルスに感染しやすかったのは断然Windowsで、
もちろんMacOSもセキュリティの確保は必要ですが、
Windowsではセキュリティソフトをインストールしないなんて考えられませんよね。

スマホのOSにもいくつかの種類があり、
一般的にはAndroidとiOSが主流となっています。

そのほかにもFirefoxOSといったものもありますが、
日本ではほとんどのユーザーがAndonandかiOSのどちらかを使用しているのではないでしょうか。

スマホのウイルス感染が急増している今、
どちらのOSがセキュリティ上安全なのか、
これからスマホの導入を検討している人はぜひ知っておきたいところです。

AndonandとiOS、どちらが安全に使用できる?

結論からいうと、ウイルスに感染しにくいのはiOSだと思われます。

AndroidはフリーのOSで、Googleがソースコードを公開しているため、
誰でもソースを見ることが可能です。

これは、世界中の技術者がAndroidの脆弱性を見つけて対処できるというメリットがある反面、
誰でもAndroidに向けた悪質なプログラムを開発できてしまうというデメリットもあります。

逆にiOSの場合、Apple社はOSのソースコードを公開していないため、
脆弱性に対する対応が遅いというデメリットはあるものの、
不正プログラムが開発されにくいというメリットもあります。

また、Androidはいろいろな人が開発したアプリをダウンロードしてインストールすることができますが、
iOSの場合Appleが審査をして認めたアプリしかAppleStoreからダウンロードできないため、
危険なアプリがインストールされにくく、安全性が高いです。

もちろんiPhoneなら絶対にウイルス感染しないというわけではないのですが、
セキュリティの観点から考えると安心して使用できるのはiPhoneであるということがいえるでしょう。