スマホを紛失した時の対策

スマホの管理には気をつけてるけれど……

スマホは多くの人が肌身離さず持ち歩いているかなり重要なツールのひとつ。
管理において意識している人も多いかと思いますが、
ふとした時に紛失してしまう可能性は誰もがありえることです。

もしスマホをなくしてしまったらどのような対応をすればよいか、
ここで解説していきたいと思います。

まず、スマホを紛失してしまった際に絶対に防ぎたいのが、悪用を防ぐこと。
もちろんすぐに見つかれば一番よいのですが、
状況によっては遠方で紛失してしまった可能性もあります。

その場合はすぐに手元に戻ってくることは難しいため、
まず悪用されてしまうことを防がなければなりません。

スマホ紛失時に行うべき対応とは

スマホを失くしてしまった、と気づいたら、
まず身の回りの心当たりのある場所を探します。

少し探してなかったら、その日の行動を思い出し、
立ち寄ったと思われるお店や駅に遺失物の確認をし、
警察にも紛失届けを出しておきましょう。

心当たりのある場所に問い合わせても有益な情報を得られなかった場合は、
キャリアに連絡をしてスマホの使用を中断してもらう手続きを取ります。

キャリアによって紛失時の対応は異なりますので、
スマホ以外のインターネット環境があればキャリアのホームページで確認をしてもよいですし、
ない場合は直接キャリアに電話をしたり、近隣のショップに足を運んで手続きしてください。

スマホにはロックをかけている人がほとんどですので、
すぐに悪用されてしまう可能性は少ないと思われますが、
おサイフケータイ機能などを利用している人は、すぐにそれらの利用を停止する必要があります

おサイフケータイはキャリアの利用停止手続きを行うことで同時に停めることができるのですが、
ここでひとつ落とし穴があるのです。

スマホの電源が切れていた場合、キャリアの利用停止手続きを行ったとしても、
おサイフケータイの利用が停止されません。

紛失したスマホが現在どのような状態になっているかを把握することはできないので、
念のためおサイフケータイやEdy機能などの機能は別途停止しておくことをおすすめします。

万が一に備えて……

スマホの紛失はないに越したことはありませんが、
万が一に備えて入れておくとよいアプリがあります。
それは「紛失対策アプリ」です。
紛失対策アプリは、GPS機能を使用して紛失したスマホがどこにあるかを表してくれるというもの。

パソコンから確認できるアプリもあれば、
友人のスマホから確認することができるアプリもあります。

これらのアプリは有料のものが多いですが、
無料のセキュリティアプリで同様の機能がついているものもあるようですので、
まずはそういったアプリを入れて動作を確認してみるとよいでしょう。