Baidu IME

日本語入力ソフト

Baidu IMEは文字入力ソフトであり、文字入力ソフトならば、Google日本語入力やATOKがありますので、ただのソフトウェアに思うかもしれません。
Baiduは百度であり、中国最大の検索エンジンを提供している会社です。
中国では一度googleを締め出していますので、検索エンジンとしてはgoogleについで2番目に大きいです。

ただ他の入力ソフトと比べると色々問題のあるソフトウェアです。
まず、文字入力が上手くいかないことがあり、ワードプレスで入力できなこともあり、またどのような場合でも、最初の入力文字で確定し変換できないこともあります。
そして、何よりもBaidu IMEは、その使用ユーザーの文字入力情報を無断で自社サーバーに送信しているという話があります。

Baidu IMEの削除方法

Baidu IMEは、コントロールパネルからプログラムのアンインストールに進み、削除すれば問題ありません。
ただアンインストールするときは、少しうっとうしい流れになります。

まずは、プログラムのアンインストールから、Baidu IMEを選びアンインストールを実行します。
Baidu IMEを選択しアンインストールと変更をクリックします。
ここでBaidu IMEのアンインストール画面が表示され、涙いっぱいの猫耳の女の子のキャラクタが、「今まで一生懸命がんばりました。もう少し利用してみませんか?」と表示されますが、無視してアンインストールをクリックします。
さらに、「本当にアンインストールしますか?」とダイアログが出るので、はいをクリックします。

最後に「 私の良くないところをどうぞご指摘ください」とアンケート画面になりますので、これも無視して再度アンインストールをクリックします。
Baidu IMEはかなりしつこいので、すべて無視してアンインストールをクリックしましょう。

これでアンインストールが進行しますが、途中で「学習情報と環境設定を保存しますか?」と表示されますので、いいえをクリックします。
アンインストールが完了すると「アンインストールが完了しました」という画面が表示されます。
さらにここでまた最後にアンケート画面が表示されますが、無視してそのまま画面を閉じます。

アンインストール後は、Baiduのフォルダが残りますので、これは自分で探して削除します。
Baiduのフォルダには何も入っておらず空であり、削除しなくても問題はないですが、気になる方は削除してください。
WindowsのOSのバージョンによっても違いますが、通常はAppdataフォルダの中のLocallowフォルダでBaiduフォルダは見つかります。